ドラマ 日本版【SUITS(スーツ)】 最終回 あらすじまとめ

SUITS
スポンサーリンク

新ドラマ【SUITS2】が毎週月曜日21時から放送が開始されました。

その前にスーツ1をまだ観ていない人のためにあらすじをまとめました。

スポンサーリンク

最終回あらすじ:視聴率10.8%

冤罪事件に立ち向かう甲斐と大輔!しかし検察が敵にまわる!?

13年前、世田谷区で名門校に通う女子高生・東珠里が殺害されました。犯人として実刑判決を受けたのは、前科持ちの無職・栗林紡(淵上泰史)です。珠里の恋人である栗林は何度も無罪を訴えましたが、重要な証拠は全て柳が隠していたため、その主張が通ることはありませんでした。

事件の担当検事を務めた甲斐は、冤罪を生んでしまったことを今でも悔やんでいます。そして、ついに再審に向けて動き出しました。

柳が隠していた証拠は、珠里から栗林に宛てたラブレターと、珠里が事件当日に来ていたキャミソールです。キャミソールには、栗林とは別のDNAが付着していました。

また、珠里は殺害された日に同じ高校の男子生徒2人と遊んでいたことが分かっています。そしてその直後に殺害されました。男子生徒の名前は曽我部一也と蜂矢勇気で、甲斐はこの2人が真犯人だと考えています。

しかし、冤罪の事実を認めたくない検察側は、再審請求に非協力的でした。裁判をやり直すため、何としてでも決定的な証拠をつかみたい甲斐と大輔。

曽我部と蜂矢には、当時学校内で違法薬物を売りさばいていたという噂がありました。それを知った大輔は、すぐに遊星のもとへ向かいます。違法薬物の売人をしていた遊星なら、何か情報を知っていると思ったのです。

その後、甲斐と大輔は曽我部と蜂矢に会いに行き、2人のDNAをこっそり採取しました。そしてそのDNAを検査に出したところ、キャミソールに付いていたDNAと一致します。

すると今度は警察が、「キャミソール自体が被害者の物かどうか怪しい。13年前に所轄署から検査施設に運んだ際の記録が残っていない」と言い出しました。

そこで大輔は最後の手段に出ます。

蜂矢の家に忍び込み、「曽我部に頼まれてここに来た。臆病者のお前は弁護士に真実を喋ってしまう。だから口封じをしてくれってな」と、蜂矢を脅す遊星。すると怯えきった蜂矢は、「曽我部に伝えてほしい。珠里を殺したこと、神に誓っても俺は喋らないって……」と答えました。

その直後、外で待機していた警察が部屋に入ってきて、蜂矢を捕まえます。全ては蜂矢に自白させるための作戦でした。

しばらくして、甲斐は大輔をボストンに送り出します。「2年やる。一生分、遊んで来い。生まれ変わって来い」という甲斐の言葉を聞いて、大輔は笑顔で歩き出しました。

コメント

  1. […] → ドラマ 日本版【SUITS(スーツ)】 最終回 あらすじまとめ […]

タイトルとURLをコピーしました