ドラマ 日本版【SUITS(スーツ)】 第6話 あらすじまとめ

SUITS
スポンサーリンク

新ドラマ【SUITS2】が毎週月曜日21時から放送が開始されました。

その前にスーツ1をまだ観ていない人のためにあらすじをまとめました。

スポンサーリンク

第6話あらすじ:視聴率9.5%

内海財団の資金が騙しとられた?甲斐たちはお金を取り戻せるのか!?

ある日、甲斐と幸村は内海財団の会長・内海真須美(ジュディ・オング)に呼び出されます。

内海は轟フィナンシャルという会社に20億もの投資をしていました。しかし、その轟フィナンシャルが事業に失敗し、資金回収が難しくなっています。内海は甲斐に、少しでも資金を取り戻したいと話しました。幸村は、甲斐と蟹江にこの件を担当させることにします。

しばらくして、甲斐はアテナリゾートというリゾート開発会社の社長・藤原一輝(大澄賢也)から相談を受けます。藤原は、「娘の華名(佐久間由衣)が社員証を偽造してうちの会社に侵入していた」と話しました。華名は、アテナリゾートの口座から1億以上の大金を別の口座に移しています。

その後、大輔は華名に会いに行きます。華名は、「最初に違法行為をしたのはあいつの方よ。人口500人の小さな島に大きなホテルを建てて、どれだけ環境破壊が進んだか」と言いました。そして、藤原が自治体に提出した環境予測データを大輔見せます。これは、不都合なデータが意図的に隠されている、不正書類でした。

内海が事務所にやってきます。蟹江は内海に、「轟フィナンシャルは最初からあなたの資金を騙し取る目的だった可能性があります」と打ち明けました。実は轟フィナンシャルには、海外に隠し資産を移した、という噂があるのです。

しばらくして、事務所に華名が現れました。華名は大輔が偽弁護士だということに気付いたようです。「私の件から手を抜いて。これ以上首を突っ込むなら、全部バラす」と、大輔を脅す華名。

翌日、轟フィナンシャルの弁護士・米倉和博(宮田佳典)が甲斐に会いに来ました。そして、「これは轟フィナンシャルの裏情報です。金の流れは全てここに」と言って、甲斐に資料を渡します。米倉は蟹江に説得され、内部告発を決意したのです。

その後、大輔は父親のことを憎んでいる華名に、「君は誤解してる。あの島にリゾートホテルを建てたいと言い出したのは君のお母さんの方だよ。でも計画が始まってすぐ、お母さんにガンが見つかってしまった。藤原社長は、お母さんが存命中にホテルを完成させるため、環境審査で不正を……」と話しました。

大輔の話を聞いた華名は、父のことを許すことにします。

しばらくして、轟社長がシンガポールに頻繁に足を運んでいる、という事実が発覚しました。甲斐・蟹江・大輔の3人は、轟社長が裏金を隠しているシンガポールの銀行を徹夜で探し出します。

翌日、甲斐と蟹江は轟社長に会いに行きました。そして、轟フィナンシャルの裏帳簿と銀行の入金記録を見せます。すると轟社長は態度を一変させ、「20億円は内海に返す」と約束するのでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました