5月8日更新【岐阜県】岐阜も緊急事態宣言!?コロナウイルスの感染者状況などまとめ

トレンド
スポンサーリンク
岐阜県内のいくつかの学校では、5月6日ではなく5月31日まで休校とすることになったそうです。
このままの状況だと岐阜県内の学校のほとんどが5月31日まで休校になる可能性が高いです。

最近いつテレビをつけてもニュースにすればだいたいコロナウイルスの情報を目にします。

この記事では以下の内容にスポットをあてていこうと思っています。

  • 感染者状況
  • マスクの販売状況
  • 消毒液の販売情報
  • 感染したかも?と思った時にどこの病院に行くべきか

この記事では岐阜県に焦点を合わせ、岐阜県での現在の状況を随時記事にしていきたいと思います。

スポンサーリンク

岐阜県のコロナウイルス感染情報

岐阜県でコロナウイルスが感染した人数は 150 人

岐阜県でのコロナウイルスでの死亡者 6 人

感染者の情報

ここ最近は感染者も出なくなってきて緊急事態宣言の効果が出てきたように思います。

過去にあった岐阜で一番多くクラスターでの感染者を出した記事を添付しておきますね。

岐阜市のナイトクラブシャルムの従業員の感染経路は、岐阜市の環状線沿いの近島にある中古外車専門店で、店長と従業員が陽性反応が出ていたそうで、その2人が飲みに行ったお店の女の子が感染したそうです。

コロナウイルス感染者状況の詳細はこちら

→ 岐阜県コロナウイルス感染症の患者の発生について

岐阜県のマスクの販売状況

現在ほとんどの薬局ではマスクが販売されていない状況です。

ですが、まだ数店舗はマスクが販売しているという情報も入っています。

店舗によっては2週間に数回ほど薬局にマスクが入荷したという情報がありましたが、開店1時間前にはすでに20~30名ほど並んでいそうです。

マスクが少しずつ店舗で販売され始めました。

でもまだ金額が通常よりも高く販売されています。

そして購入できるのは1家族1箱(50枚入り)や、1人1袋(5枚)までだったりします。

開店して2時間以内にはすべて完売していました。

先日、私の友人があるお店に行った際、マスクが販売されていましたが、1袋5枚入りのマスクが600円もしていました。

でもそのマスクが飛ぶように売れて、数時間後には完売していたそうです。

現在はマスクがインターネット通販等で販売されていることもありますので、もしかするとそちらの方が安く買えるかもしれません。

今は転売は禁止されているからこそ、以前のように1箱1万円のような異常な価格ではなく、適正に近い価格で販売されています。

Yahoo!ショッピングでは先日、1箱50枚入りのマスクが3000円で販売されていました。

薬局の価格よりはかなり高いですが、5枚で600円のマスクよりは安く購入することができます。

まずはネットで検索してからマスクを探しに行った方がいいかもしれませんね。

 

経済産業省のホームページにてマスク情報が更新されていくそうなのでリンクを貼っておきます。

→ 経済産業省ホームページ マスク情報

岐阜県の消毒液の販売状況

消毒液もマスク同様で現在は品切れになっているお店が続出しています。

2月の第1週には結構薬局に置いてありましたが、現在は薬局、スーパー、ドンキ・ホーテなどでも品切れとなっております。

入荷の予定を聞いてみたところ、今のところ未定だそうです。

学校や医療機関では、まだまだ在庫があるそうですが、消費のスピードも早いと思うので、今後は消毒液も節約して使用するようになっていくかもしれません。

ネットを見ると、まだ販売されているようなので、お求めの方はお早めに!

一応リンクも貼っておきますね。

→ Amazonでの消毒液販売ページ

感染したかも?と思った時にどこの病院に行くべきか?

もし感染したかもしれないと思った方や、テレビで見かけるような発熱や咳や強い疲労感がある場合は、検査してみた方がいいかもしれません。

そんな時に岐阜県ではどうすればいいのかをご紹介します。

病院に行く前にまずは電話から!

もしかしたら感染したかもと思っても、病院にすぐに行くのはおすすめできません。

病院にはもしかしたら他の感染者の方がいるかもしれないし、混んでいる場合、待っている間にいろんな人に感染させてしまう可能性もあります。

ですので、まずは相談窓口に電話をしてみてください。

電話相談窓口はこちら
→ 岐阜県のコロナウイルス感染者相談窓口
受付日時:月曜日から金曜日 9時から17時まで (ただし祝日を除く)
厚生労働省も電話相談窓口を設置しています。
厚生労働省の電話相談窓口
電話番号:0120-565653(フリーダイアル)
受付時間:9時から21時まで(土日・祝日も実施)

電話相談をすれば、どこで検査を受けるべきかなどを丁寧に教えてもらえるので、指示に従って指定された医療機関で検査を受けてみましょう。

まとめ

岐阜県ではまだ感染者自体は出ていませんが、クルーズ船の乗客を受け入れたことによって、その地域から感染が広がらないか心配ですね。

噂はたくさんとびかっていて、岐阜の大垣市では大垣市民病院に感染者が出たという情報や、可児市の方の病院で、コロナウイルスの疑いのある方が入院しているなど出ているそうです。

たくさん情報がありますが、どんな情報でも冷静に捉えて、きちんと予防や対策をしていきましょう。

マスクに関してはキッチンペーパーなどで作る方法やいろんな作り方が連日テレビなどで紹介されていたり、国家機関のホームページにも紹介されているそうなので、自分で作ってみてもいいかもしれません。

少しでも早く薬ができるか感染が止まってくれることを心から祈っています。

※すでに完治した人もたくさんいるのでぜひこちらの記事もご覧ください。

→ どうして?メディアの情報操作!コロナウイルスは治る病気!!

※東海3県の他の県の感染状況はこちらから

→ 【愛知県】の新型コロナウイルス感染情報やマスクの販売情報など

→ 【三重県】の新型コロナウイルス感染情報やマスクの販売情報など

コメント

  1. […] → 【岐阜県】の新型コロナウイルス感染情報やマスクの販売情報など […]

  2. […] → 【岐阜県】の新型コロナウイルス感染情報やマスクの販売情報など […]

タイトルとURLをコピーしました